自由に間取りが創れる規格住宅
Flexible Box

今、全国で規格住宅を開発・採用する工務店が増え、しかもかなり売れています

規格住宅。工務店からは「安っぽい」「イメージが下がる」「利益が出ない」など敬遠されてきました。

しかし今、30代~40代の若い経営者を中心に、全国的な集客減をしり目に規格住宅が爆発的に伸びています。

とある30代社長の工務店では、コロナの3年間を規格住宅で、年間10棟未満を30棟以上に増やしています。

規格住宅のメリットは「明朗な金額体系」「イメージがしやすい」「注文にくらべ安い」「設備・機能充実」

一方、お施主様が家つくりで失敗したと感じる原因は「デザイン」「お金」「他社比較」

契約前からはっきり判断できる規格住宅は、今の住宅購入者の希望に完全に沿っています。

規格住宅のメリットと今の「家つくりを失敗したくない」住宅購入希望者の思いが完全にマッチしている

工務店も規格住宅を採用するメリットがどんどん大きくなっています。

一方、工務店側も規格住宅を採用するメリットはどんどん大きくなっています。

  1. 原価管理がしやすく、利益確保が容易
  2. ミスが少ない
  3. 打合せの時間が少なくて済む
  4. イメージと違った、などのクレームが少ない
  5. 高額なメイン注文住宅に届かない顧客層への受け皿

やればここまでできる!1000万円台実現のための住宅性能向上とコストダウン 

規格住宅注文住宅
土地▲やや選びにくい〇土地の形に家を合わせられる
打合せ〇細かい打合せ不要×細かい打合せが必要

なぜ注文ではなく、規格住宅なのか

今、住宅業界は非常に厳しい状況にあることは周知のとおりです。

  • 建材価格・金利の高騰はいつまで続くか。このままかもしれない。
  • 給料は据え置き。最大購入層が買える価格まで下げるしかない。
  • 利益確保が困難でも「住宅スペックは上げていけ」という国の方針。

今、住宅業界は非常に厳しい状況にあることは周知のとおりです。