title

省エネ新基準断熱等級6以上
塗り壁でダブル断熱!
オシャレな外壁が低コストで
独自開発の工法が6,000円/㎡

誰もが欲しい「お手頃価格で高性能でオシャレな家」
そのこだわりのためにどうしても必要だったDCP工法「デザイン性と高性能断熱を兼ね備えた塗壁

広島県福山市に本社を構えるナチュラルハウス。
2014年に40棟、2017年に70棟、2020年には200棟を突破。
現在は圧倒的地域No.1であり、広島、岡山、愛知にも出店するパワービルダーです。

【ナチュラルハウス DCP工法採用前後の施工棟数の推移】

ここまで伸びた要因は「デザイン性と住宅性能への強いこだわり」

「性能が良くてオシャレな家を手頃な値段で建ててあげたい!!」
このこだわりを実現するために【DCP工法】が開発されました。

住宅業界を革新するダブル断熱+塗壁工法 性能と価格のベストバランス【DCP工法】

「塗壁は高くて当たり前。」「ダブル断熱は高くて当たり前。」そんな常識を覆すのがDCP工法です。

  1. 塗壁によるシームレスな塗装と多彩なデザイン性
  2. ダブル断熱による性能値以上の断熱気密性
  3. 6,000円/㎡というサイディング並みの価格

DCPウォールだからできる

DCP WALLで建てた家の断熱性能

住宅の断熱性能を表す指標として、外皮平均熱貫流率(UA値)というものがあります。
これは、住宅の熱の出入りを計算したもので、数値が小さいほど高い断熱性能を示しています。
より高いレベルの断熱化で、ムダなく快適で健康に暮らせる住まいを目指すことが可能です。

「塗り壁+ダブル断熱」がサイディング価格並み!DCP工法があれば一気に商品の幅が拡がります。

ナチュラルハウスで追い求めた「売れる家」の定義は「デザイン+性能」でした。

このノウハウの追及により、10年間で一気に年間200棟まで上り詰めました。

DCP工法の安全性能 【防火認定・防水認定・結露対策】

防火認定

国土交通大臣による
・20分準防火構造
・30分防火構造

防水認定

「新築住宅かし保険」設計施工基準第3条申請承認

結露対策

外断熱専用防湿シートの採用と結露計算による安全性の証明

塗壁+W断熱 ナチュラルハウス施工ギャラリー

いま、こんな悩みはありませんか?

  • デザイン性の優れたかっこいいモデルハウスで集客したいけど…
  • 省エネ新基準断熱等級6以上に合わせた、ダブル断熱で性能面を重視したいが…
  • 営業力の高い商品展開でらいばる他社に差を付けたいが…

→施工ノウハウがない!

その悩み、DCP工法が解決します!

  • 省エネ新基準断熱等級6・7(UA値0.46~0.26)が施工可能
  • 一般的に高額になる「ダブル断熱+塗壁のノウハウ」
  • 20分準防火認定・30分防火認定の使用許可
  • 結露計算による結露対策シミュレーション
  • 建材OEMによる30~40%のコストカット
  • 導入を容易に!左官職人さん【オンライン指導支援】

気になるキーワードがあれば、
ぜひセミナーを受講して確認ください!


→施工ノウハウがない!

セミナー日程1.9月16日(金)10:00~12:00
2.9月30日(金)10:00~12:00
開催概要ウェブセミナー
参加費無料
申込方法下記よりお申込みください。
詳細はお申込み確認後、追ってご連絡差し上げます。

大変申し訳ございませんが、以下の条件の住宅会社様はDCPウォールがご採用頂けません。予めご了承ください。

広島県広島市・福山市
宮崎県宮崎市
大分県臼杵市・佐伯市
兵庫県姫路市
徳島県徳島市
三重県伊勢市
奈良県奈良市
福岡県北九州市
静岡県富士市・富士宮市
愛知県一宮市
山口県宇部市
滋賀県栗東市
その他年間着工数100棟以上、多店舗展開を行われている住宅会社様