ジャパンアイディアホーム いろは.いえ

日本一売れている住宅FCの話、聞いてみませんか?

住宅フランチャイズに加盟するメリットは
・販売実績のある豊富な商品ラインナップが用意してある。
・営業や販促、工程管理などを効率化する様々なツール
・広告戦略やウェブ戦略、ブランディングの構築
・建材の共同仕入れによるコストダウン
・研修や定例会など、仲間たちとの情報交換
を本部が一括して行ってくれることです。

ですが、せっかくフランチャイズに加盟したのに、

「なかなか売れない!まったく売れない」というのは、住宅フランチャイズあるあるです。
何年も一棟も売れずに退会してしまうこともあります。
でもそれはきっと社長のせいでも社員のせいでもありません。

そもそも売れないフランチャイズに加盟してしまったからです。

ジャパンアイディアホームは岡山を本部として全国展開する住宅フランチャイズです。
「完全定額制の自由設計の家 いろは.いえ」を主体とし、現在のFC加盟店数は少数精鋭の全国63店舗。
しかしながらその 平均受注棟数はなんと29.6棟。
2019年、2020年と二年連続日本一です。

ジャパンアイディアホームはその受注棟数、サポート体制から
「加盟店が日本一売れる住宅フランチャイズチェーン」といえます。
加盟店をしっかりサポートできるよう、あえて加盟店数を抑えています。
この手厚いサポートの結果が加盟店の受注棟数に直結しています。
今回、本部支援体制の強化に伴い、新規加盟店を募集いたします。
ぜひ個別相談で内容をご確認ください。

【加盟店が日本一売れる住宅FC秘密その1】
お客様にも社員にも、誰にでもわかりやすい
「定額自由設計の家 いろは.いえ」

FCに加盟して最初にぶつかるのが「商品理解」です。
「家にこだわり」のあるFCほど、ややこしい商品を展開しがち。
これでは新人でもベテランでも、新しい商品は覚えるのは一苦労。
早く売っていきたいのにこれでは意味がありません。
営業マンにとって売れない商品は、覚える価値を見出せません。

「いろは.いえ」は、自由設計で定額制の家。
内容は全て貴社専用のホームページでわかりやすく説明していきます。
ホームページを見てきたお客様はすでに商品を知っています。
買う方はもちろん、売る方にもわかりやすいように工夫されています。

【加盟店が日本一売れる住宅FCの秘密その2】
明日からゲーム感覚で誰でも使える
スピードアップ支援ツール・ウェブツール

販促ツール、営業ツール、工程管理ツールなど世の中にはたくさんありますが、使える人、使おうとする人はごくわずか。
操作性が悪く、マニュアルも面倒なのでほとんどのツールが定着せずに宝の持ち腐れになっています。

最近はゲームでもなんでも
「マニュアル」「説明書」というのは無いのが当たり前。
ジャパンアイディアホームでは、
マニュアルが無くても「感覚で使える」ツールを次々開発。
ゲーム感覚で使えるツールで情報を共有し、経験や勘に頼らない営業手法や業務フローを構築します。

【加盟店が日本一売れる住宅FCの秘密その3】
アットホームでなんでも相談できる支援体制

「加盟したけどほったらかし」
「質問しても返事が来ない」
「何のために加盟しているかわからない」
住宅フランチャイズを辞めた工務店さんから聞く話です。

「本当にアットホームで、いろんなことを相談しやすい」
「無理のない方法で、多くの研修やウェブ会議など情報交換の場がある」
「加盟店が良くなるために、逆にいろいろ相談してきてくれる」

スタッフ全員が365日24時間いつも加盟店の事を考えている。

それがジャパンアイディアホームです。

社長、こんなことで困っていませんか?

  • FCに加盟しているけど、商品力に頼りすぎていて売れない。
  • 売れそうなFCに加盟したいけど、どこがいいか判断できない。
  • 自社商品じゃ売れない!とにかく売れない体質から脱却したい!

ジャパンアイディアホームにはそれらを解決するノウハウがあります。

  • 若い世代が欲しがる商品の開発とウェブ中心の販売促進戦略
  • 全社員がゲーム感覚で応報共有し成長できるウェブツールの数々
  • 加盟店数を抑えているからできる、手厚く徹底したバックアップ体制

FCは相性です。

まずはじっくり個別でお話を世の中に住宅フランチャイズや勉強会などはたくさんありますが、実は最も重要なのは貴社との相性、社長との相性です。

ジャパンアイディアホームではいつでも気軽にご相談していただけるよう、個別予約制にて時間を設けております。
なによりもまずはおはなしから。
是非、お気軽にお申込みください。

※ジャパンアイディアホームでは商圏制を設けており、一部加盟できないエリアがございます。詳しくはお尋ねください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる